アイコン設定
投稿者さん使い方

掲示板の主旨に反する投稿は掲載されません。掲載の是非は管理者が判断いたします。予めご了承願います。
ルモンさん (8oryv90p)2023/7/11 23:24 (No.844108)削除
tamuさん こんばんは
 7日に穂高町に宿が取れたので 塩尻ICから近い「高ボッチ山」と「鉢伏山」に行ってきました。
かなり前に私が歩いたところで、お花が多かった記憶があるのですが、間期でレンゲツツジは終わり、マツムシソウにはまだ早かったけどニッコウキスゲやハクサンフウロなどが咲いていました。展望も抜群で北・中央・南アルプスや八ヶ岳、御嶽を霞んでいたもののはっきりと目にすることが出来ました。涸沢の雪渓もまだ多く張り付いていました。この一帯は美ヶ原の延長線上の高原ですね。ハイキングとまではいかない物足りない歩きではあったのですが・・・
 宿泊は数年前に一度泊まって気に入っている宿で、江戸川区の保養施設で「穂高荘」です。展望風呂があり(北アルプスの一部がみえます)食事も手の込んだものばかりでしかも公共の宿なので、とてもリーズナブル、サービスも一般のホテル並みです。
 8日は生憎の小雨模様で本来の目的の山歩き(小遠見山)は中止でもう一つの目的である「白馬五竜高山植物園」に行ってきました。お目当ての「青いケシ」やヨーロッパアルプスや、ヒマラヤに咲く高山植物が見頃だったでしょうか。日本アルプスに咲く高山植物はその多くがまだ早かったようです。コマクサの群落があったけど元気のないコマクサでした。ほぼすべての花の名前が表記されていたのでそれは良かったです。帰る頃になり天気も回復したようでしたが展望は望めないでしょうから あきらめもつきました。
鉢伏山から美ヶ原
白馬五竜高山植物園
エーデルワイス(本場もの?)
青いケシ
オトメユリ(ひめさゆり)
Tamuさん (8g17x6u1)2023/7/13 11:55削除
ルモンさん、投稿ありがとうございます。
梅雨明け前だというのに、高ボッチと鉢伏では展望にも恵まれてよかったですね。
高山植物の花も見頃を迎えているようで、雨プロとして白馬五竜高山植物園は正解でしたね。私は行ったことがないので、いつか行ってみたいと思いました。
高原の美しい写真。レンゲツツジの花色と空模様がとてもステキです。雨の植物園のバックの白雲やマルバダケブキかな、の黄色い花もステキに撮れています。(本場ものの)エーデルワイスって、やはりハヤチネウスユキソウにとてもよく似ていますね。
雨露に濡れて、青いケシやオトメユリもきれいです。
返信
s
ssさん (8f8rlzxk)2023/7/10 10:19 (No.842222)削除
Tamuさんおはようございます。
2日に3人で高川山に行きました。初狩から樹林の中割合涼しいです。凡そ1時間40分ほどで高川山山頂に着きました。
この日は曇りだつたので富士山は見えないと諦めておりましたが、歩き始めたら見上げると「樹林の中から青空が見えたからもしかして」、やはり下山する人から見えたとの事、本当に真夏の富士山が綺麗に見えた時は御褒美?だと嬉しかったです。大分前の夏、子供が小学生の頃河口湖に行き、富士山を観た時に「あれは富士山でない」そうですね、冠雪の富士山しか見た事がないのでそう思ったのでしょう。
下山は岩場の多い東尾根から馬頭観音から稲村神社から田野倉です。道路に出てから日が差し暑く感じましたが、このコース以外に涼しく歩けました。歩き始めが8時30分過ぎでこの時期早く家を出るのが賢明だと思いました。大月駅13時15分で帰れました。
高川山頂から富士山
Tamuさん (8i3jnben)2023/7/10 21:16削除
絵に描いたような…仙人とか孫悟空とかが乗っていそうな形の雲が中空に浮かぶ…素敵な富士山の写真ですね。
 “真夏の富士山が綺麗に見えた時は御褒美”…ほんとうにそうですよね。富士山の見えない高川山なんて「クリープを入れないコーヒーのようなもの」かもしれません。→例えがちょっと古すぎかも…。(^^;)
 高川山は、私にとっては「山頂犬ビッキーとメロンパンを食べた」思い出の山です。う~ん、今すぐにでも行ってみたいなぁ~。
 関東地方の梅雨明けも近そうですね。
返信
篠ちゃんさん (8njxroil)2023/7/8 21:17 (No.840910)削除
Tamuさん こんばんは! 昨日(7/7)上野原の山へ行ってきました。一ヶ月半振りの山歩きです。
コースは(桑久保入口P―東光寺-登山道入口-不老山-高指山―ゴウド山―(偽?和見峠)-雨降山―権現山―高指山―(ルートミス)―(?標識)―桑久保P)のピストンと周回です。不老下BSからの予定でしたが駐車スペースを探している内に見落としたようです。
 車道を歩いて「不老山」案内板に従って進み登山道入口を入ります。桧の植林帯と一部落葉広葉樹林帯の登山道でした。不老山からの富士山は薄雲の中でぼやけて見えます。殆ど樹林帯を進み高指山に到着。甲東三山だけでは物足りないので高指山より権現山までピストンしました。雨降山からの尾根筋は緑濃くなった木々に癒やされました。木陰の中の道で涼しかったです。
 戻って高指山から甲東三山の瀬淵山へ向かったのですが和見峠の案内が有り?権現山の方へ回り込むと思い込み沢筋に向かっている作業道へ降りたら林道に出てしまいました。登り返すのも大変なので下山しました。誰にも合いませんでした。夏の低山では入山者も居ないですよね! 8Hコースでした。久し振りなので筋肉痛です。
 *家に帰ってから調べるとヤマタイムでは権現山への途中の林道峠が(和見峠)となっていました?です。
不老山先より富士山
モミジの緑に癒やされる
2回目の権現山
Tamuさん (8i3jnben)2023/7/9 19:30削除
権現山は私にとってはとても思い出(思い入れ?)のある山です。懐かしく、篠ちゃんの投稿を読ませていただきました。
 その思い出とは、権現山の王勢籠神社の呼び方(ルビ)の問題です。平成22年(2010年)7月に権現山に登ったときに疑問を感じて、帰宅してから山梨県立博物館の学芸員の方とEメールでやりとりをしまして、「王勢籠」は「おおむれ」ではなくて「おせろう」と発音するのが正しいらしい、ということが分かりました。それから山と渓谷社の「山のデータブック」の権現山の項についてサイト担当者に連絡して、その後は(オオムレからオセロウに)修正されました。…そういう意味もあって、権現山は思い出の山なのです。
 以前の権現山は、前景の山・百蔵山の陰になって里から望むのが難しいことやバスの便があまりにも悪いことなどの理由で「不遇の山」のレッテルを張られていました。でも田中澄江さんが「新・花の百名山」などで絶賛したことなどもあり、いまだに根強い人気があるようですね。
 この季節、ちょっと暑いかもと思ったのですが、“木陰の中の道で涼しかった”とのこと。思わず、今すぐにでも行ってみたくなりました。

 参考までに、拙HP(私達の山旅日記)の権現山の項です。
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~tamu/277gongenyama.htm

返信
Tamuさん (8i3jnben)2023/7/3 10:26 (No.833598)削除
昨日(7月2日)、いつものメンバー(夫婦)で、三浦アルプスを歩いてきました。今回は西の(相模湾側の)風早橋から東の(東京湾側の)JR田浦駅までの、つまり正調・三浦アルプス縦走(南尾根の縦走)です。久しぶりに歩いたコースで、矢張りけっこう疲れました。なにしろ細かいアップダウンが多いので、累積標高差は1000m近くにも感じます。ヤマレコなどでは、同コースの累積標高差は600mくらいになっていますが…。

※今回の行程: 京急逗子葉山駅-《バス6分》-風早橋~仙元山117m~ソッカ189m~観音塚167m~高塚(マテバシイの並木道)~連絡尾根の頭~鉄塔下~乳頭山211m~田浦橋~田浦梅林~JR田浦駅… 【正味の歩行時間:4時間強】

 今回の特筆は風早橋バス停から仙元山までのルートです。今まではぐるっと回って葉山教会経由で山頂に立っていましたが、今回は風早橋バス停の少し先(国道134号線の南側・葉山隧道の入口近く)の左手にある石階段(標識はありません)を登って、鬱蒼とした照葉樹林のなかを登ってみました。この登山道は葉山教会コースの上部に合流していました。ショートカットするので、若干ですが、時間短縮になります。
 梅雨の晴れ間で、意外とすっきりと富士山展望などが楽しめたのは望外の仕合せでした。オカトラノオ、ミズヒキ、ヤブミョウガ、ジャノヒゲなど、盛夏の花たちが咲き始めていました。なんと、晩夏~初秋の花・ヤマハッカもたくさん咲いていました。
 誰もいない田浦梅林を抜けてJR田浦駅へ下山してから、電車(横須賀線)に乗って二つ先の衣笠駅で降りて、そこからバスで約5分。佐野4丁目バス停の近くのシックな佐野天然温泉「のぼり雲」に立ち寄りました。日曜日の夕方でしたが空いていてゆっくりとくつろげたのが嬉しかったです。入浴後の冷たいビールが超美味くて、三崎マグロの刺身などもとても美味しくて…、食事してから帰路につきました。丸一日をたっぷりと遊んだ感じで、甘露甘露です。

仙元山への直登コース(ショーカットコース)へ
ショーカットコースはこんな感じの山道です。
仙元山から富士山方面を望む(2枚の写真を合成)
ヤブミョウガ
返信
けぬごさん (8s4zlqqr)2023/7/1 07:41 (No.829858)削除
Tamuさん お久しぶりです。約17年ぶりの書き込みになります。大学4年生だった2004年にこちらのホームページに出会い、山登りが趣味になるきっかけになりました。今でも趣味はもちろん登山です。
過去の掲示板を遡って自分の書き込みを見ました。どんなコメントにも優しく返信してくださるので嬉しかった大学生時代を思い出しました。
私の初恋の山会津駒ヶ岳に20年ぶりに登ろうと計画していまして、そう言えば大学生の頃Tamuさんのホームページにお世話になっていたなーと思い出し、検索した次第です。当時20歳そこそこだった私も40才越えのおっさんです(笑)またお邪魔しますね!
Tamuさん (8i3jnben)2023/7/1 10:11削除
けぬごさん、ほんとうにお久しぶりです。お元気そうで何よりです。
 あの頃(平成20年の頃)までは、山は中高年で埋め尽くされていましたが、今では若い人たちとの“共存”で、また違った意味で山は面白くなりました。“あのころ”は珍しかった若いけぬごさんの投稿にとても励まされたものです。それをまざまざと思い出しました。
 …そうですか。けぬごさんも“40才越えのおっさん”になりましたか。まだまだ人生のやっと半分。これからも楽しみですね。
 “初恋の山・会津駒ヶ岳”のご報告を楽しみにしています。
返信
都築山人さん (8hfljkam)2023/6/30 18:46 (No.829412)削除
6月28日に心願院から八王子城址を歩き、記録をHPに載せました。

6月中旬にアツモリソウを見に行く予定が流れたので、心願院から八王子城址を歩くことになりました。このコースは2年前の10月に歩いており、春から夏へどんな花が咲くか興味がありました。

季節の切れ目だから花の種類は多くはありませんでしたが、お目当てのトンボソウは1株咲いており、ユキノシタ、オカトラノオ、イチヤクソウ、ヤブコウジ、のほか、ムラサキニガナ、ムラサキシキブと思われる花を見ることが出来ました。この日は天気予報が突然変わり、雨の影響は受けず、湿度の高い曇り空の下でむせ返るような緑の中を歩き、レンズフィルターが湿気で曇って、写真はぼやけてしまいました。

気温も湿度も高かったので、汗は沢山出ました。私は700MLぐらいしか水分を採らなかったので、水分不足を感じ、高尾駅に隣接する店で休んだ時に水分を補給しましたが、まだ不足感が残り、今年初めて夏の山歩きの暑さを体感しました。

http://tdk.my.coocan.jp
Tamuさん (8i3jnben)2023/6/30 22:25削除
都築山人さん、相変わらずのご活躍、スゴイです。貴HPの該当項を拝見させていただきました。
 ラン科のトンボソウ(蜻蛉草)やオオバノトンボソウをはじめ、ヤブカンゾウ、ウツボグサ、トリアシショウマ、タケニグサ、カンアオイ、ヤブコウジ、イチヤクソウ、ユキノシタ、ムラサキニガナ、ムラサキシキブ、オカトラノオ、ホタルブクロ、タケニグサ、ガクアジサイ、ミツモトソウ、キツネノボタン、ヒヨドリバナ、…など、なんとも云えずほんわかとした思いで、そのひとつずつをイメージして、お陰さまでとても良い時間を過ごせました。近場でもいい処って、ほんとうに、ありますよね。
 それにしてもトンボソウとは、シブすぎて、私の感動は増幅しています。…私は今まで見過ごしてきたかも…。

 なお、ヤブムラサキとムラサキシキブの違いはその葉で明らかです。ムラサキシキブの葉を触るとザラザラ感がありますが、ヤブムラサキの葉は(毛があって)なめらかです。これは私が森林インストラクターになったころ覚えた、近隣の低山へお客様などを案内する際に必ず喋った、思い出の“決め台詞”です。(^^;)

 今回も素晴らしい投稿、ありがとうございます。
返信
ヒデ坊さん (8fnd4unz)2023/6/27 22:55 (No.826722)削除
入笠山ハイキング
本日27日に登山初心者のお客様を連れ、入笠山へ行ってきました。
沢入駐車場~入笠湿原~入笠山~大阿原湿原を一周してきました。
今日も高曇りで八ヶ岳の頭が雲に覆われていましたが、富士山は雲の上に薄っすら見えました。
入笠山は花が豊富に咲く事で有名ですが、スズランの見頃は終わっていましたが、レンゲツツジ・クリンソウ・オダマキ・アヤメがきれいに咲いていました。
サルオガセのこみちで、同行者は初めて見るサルオガセに雰囲気が怖いとビックリしていました。
歩行距離は、約14kmと久しぶりに気持ちの良いトレイルでした。
下山後、「ゆーとろん水神の湯」に立ち寄り汗を流して帰路につきました。
入笠湿原のアヤメ
クリンソウの群落
入笠山山頂
大木の腰掛
レンゲツツジ
黄オダマキ
クリンソウ
Tamuさん (8i3jnben)2023/6/29 18:06削除
入笠山は安心・安全で展望の良さそうな山で、車を利用すれば日帰りでもなんとかなりそうで…、私も(今すぐにでも)行ってみたくなりました。ヒデ坊さんの歩かれたコースが大変参考になります。ありがとうございます。
アヤメやクリンソウやレンゲツツジなど、花もいいようで、“登山初心者のお客様”もさぞかし喜ばれたことと拝察いたします。
「大木の腰掛」…お若いですねぇぇ~。
返信
Tamuさん (8i3jnben)2023/6/22 11:27 (No.821282)削除
昨日(6月21日・水)、夫婦で鎌倉を歩いてきました。コースは…北鎌倉駅~明月院~葛原岡神社~銭洗弁天~源氏山~カフェテラス樹ガーデン(大休憩)~高徳院・大仏~長谷寺~長谷駅(江ノ電)…で、つまり「葛原岡コース」と「大仏コース」を繋げて歩く「人気の王道コース」です。歩行時間は(何時もの通りゆっくり歩いて)正味2時間半くらいでした。
 あじさい寺として有名な明月院など、あちこちで見ることのできる紫陽花は未だその花の盛りで、充分に楽しめます。コロナが一段落したおかげもあるのか、平日だというのに(里の)人出は多かったです。とはいえ(例によって)山中にはほとんど人は歩いておらず、静かな散歩が楽しめました。
 ところで、鎌倉はやっぱりお金がかかりますね。明月院の拝観料は@500円。高徳院・大仏の参拝料は@300円。長谷寺にいたっては拝観券@400円のほかに「あじさい路入場券」の@500円が必要です。しかもその「あじさい路」は入場するのに40分待ちとのことで、私達は長谷寺の境内散歩だけで踵を返しました。とにかくものすごい人出で…。(くどいようですが)平日だというのに…です。
 この日、たまたま立ち寄ってみたのが大仏コースの途中にある「カフェテラス・樹ガーデン」ですが…、鎌倉市との交渉がうまくいかず、今月をもって閉店せざるを得ないようです。約40年間続けてきた営業だそうですが、とても残念に思いました。ロケーション抜群の「天空のカフェテラス」だったのですが…。

明月院の紫陽花
カフェテラス・樹ガーデン
鎌倉の大仏様(高徳院):たくさんの人出…
長谷寺のお地蔵さま
返信
s
ssさん (8f8rlzxk)2023/6/19 13:31 (No.818430)削除
Tamuさこんにちは。
17日はひょんなことから、古い友人と同じ山域に来ている事が分かり、景信山でお昼に合流しました。その仲間は最高齢95歳、88歳等で4人です。(男性)
コロナ等で一諸に行けなくなり4年振りでしょうか。
95歳の男性は寝たきりの奥様を10年介護週末は娘さんが来られて土、日のみ自分の時間で、山に行って英気を養っていた。私とは5年ぐらい前からのお知り合いです。2年ほど前に奥様は没して、今ではウイクデーに数人の山仲間と近場をハイキング、ホツそりしていて余分な肉が無く歩くのには好都合の体です。
他の仲間はガンなどで、又93歳でも私達とホテルで新年会等の話で盛り上がった話等。帰りは小仏峠から小仏バス停に下山、再開とお元気な様子を喜び合いました。
私は高尾山口から小仏峠から下山の予定でしたので
が少しハードに歩いた事になります。ラインて便利ですね。

景信からの途中の出来事
小仏峠に出る途中70代の男性が遭難、横たわり数人で介抱、意識はありました。其の内ヘリがバタバタ、でも樹林の中下りられません。気になりながらも、小仏峠にここでも山岳救助隊が救助の道具を身に着けて急ぎます。数人が登って来ました。小仏から林道に入り、救急車や消防自動車が待機しておりました。4台ぐらい何でか?と思いました。
無事に救助されて如何?と思います。明日は我が身山での体調不良は突然で防げないかも知れませんが、日頃の訓練等励みたいと思いました。
Tamuさん (8i3jnben)2023/6/22 11:11削除
最高齢95歳、88歳等で4人…(男性)、というのがスゴイですね。かくありたいと私も思います。それにしても奇遇でしたね。嬉しい“奇遇・邂逅”…、それも山の楽しみのひとつかも…。
 高尾山近辺は毎日のように救急車が出動しています。まぁ、人出が多いので(確率的に)仕方のないことなのかもしれません。“明日は我が身”…そうですね、私たちも気を付けたいですね。
返信
t
Tamuさん (8i3jnben)2023/6/14 10:38 (No.813601)削除
6月13日~14日、山の仲間たちと、龍宮小屋に一泊して、尾瀬ヶ原~アヤメ平を堪能してきました。お天気が思っていたよりも良くて、それほど降られなかったのが幸いでした。雪は全く残っていませんでした。

ミズバショウはその花の盛りを終えかけていましたが、けっこうきれいに咲いているのもあったりして、それなりに楽しめました。目立って咲いていたのはリュウキンカ、ニリンソウ、ヒメイチゲ、スミレ類(ミヤマスミレ?、オオバタチツボスミレ?、ニョイスミレ?…)、ミツガシワ、ヒメシャクナゲ、ワタスゲ、レンゲツツジ(少し)、マイズルソウ、ハクサンチドリ、オゼヌマタイゲキ、ナルコユリ、ムラサキヤシオ、ズミ、オオカメノキ…特にアヤメ平ではタテヤマリンドウ、(コ?)イワカガミ、チングルマが目立っていました。

下山後は尾瀬戸倉温泉「尾瀬ぷらり館・戸倉の湯」で山の汗を流しました。甘露甘露の大団円、です。

行程:
第1日(6/12)=バスタ新宿7:15-《高速バス(尾瀬号)》-11:10尾瀬戸倉-《バス35分》-鳩待峠~山ノ鼻・植物研究見本園~尾瀬ヶ原散策(上田代・牛首)~龍宮小屋 【歩行時間: 約3時間】
第2日(6/13)=龍宮小屋6:40~(長沢新道)~富士見湿原~アヤメ平~中原山1969m~横田代~13:30鳩待峠-《タクシーバス》-尾瀬戸倉・尾瀬ぷらり館(入浴)15:30-《高速バス》-19:30バスタ新宿… 【歩行時間: 約4時間40分】
尾瀬ヶ原の上田代付近
リュウキンカ
ミズバショウ
ズミの花
タテヤマリンドウ
t
Tamuさん (8i3jnben)2023/6/14 10:41削除
花の写真を1枚追加します。
ミツガシワ
Tamuさん (8i3jnben)2023/6/16 21:23削除
「尾瀬ヶ原とアヤメ平」の記録をHP(私達の山旅日記)にアップしました。おヒマなときにでも覗いてみてください。
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~tamu/458ayamedaira.html
返信
都築山人さん (8hfljkam)2023/6/11 13:38 (No.810982)削除
6月7日に白馬のホテルに泊まり、岩岳リゾートから北アルプスを展望した記録をHPに載せました。

私と同時代のWV仲間の山歩きは2021年の守屋山を最後に、以後は山を眺めに行く旅行に変わりました。昨年、私は抗がん剤治療のため参加できなかったのですが、今年は白馬のホテルに泊まって、ケーブルを使い、白馬岩岳か、八方尾根から山を見ようと出かけました。

梅雨時のため、天候不順で、直前になって変わった予報もぴったり当たらず、予定を変更して、7日にケーブルで白馬岩岳マウンテンリゾートに登り、鹿島槍、五竜、不帰、白馬三山を見ることができました。山が見えたのは7日の昼頃から8日の10時ごろまでで、8日は八方尾根のケーブルが動かず、予定を変更して信濃大町の博物館を見て帰りました。

すっきりしない展開でしたが、梅雨時だからやむをえません。久しぶりに元気な友人と会い、日常と違った料理を食べ、雪のついた山を見て、気分の良い時間を過ごすことができました。
t
Tamuさん (8i3jnben)2023/6/14 09:59削除
気の合ったお仲間たちとの“山を眺めに行く旅行”というのもいいですね。きつい登山がなかなかできなくなったら…私ももうそんなに先のことではないような気がしますが…いいかな、なんて思いました。とても参考になります。
白馬岩岳マウンテンリゾート…なんか良さそうな処、ですね。これも頭にしっかりと記憶させました。(^^;)
返信
ヒデ坊さん (8fnd4unz)2023/6/6 22:48 (No.806692)削除
【久しぶりの大菩薩嶺】
Tamuさん ご無沙汰しております。
4日(日)は、台風一過後の良い天気になりました。
世界環境デーに合わせ、恒例の高尾山クリーンキャンペーンのお手伝いに行ってきました。当日は、日曜という事ですごい賑わいでした。石斛はほぼ終わり、一部の木に見られる程度でした。

実は、当店に数か月前に来られたお客様が登山初心者ということで是非、私を山に連れて行ってというご要望があり高尾山に数回登っているとのことで、初心者向けの1番人気でもある大菩薩嶺に本日6日に行ってきました。
平日ということもあり、比較的ハイカーも少なく、ゆっくりと楽しんで戴けました。
今日は、高曇りでしたがくっきりした富士山を見ることが出来て、初百名山をとても感激されて連れて行った甲斐がありました。また、曇ということで肌寒く気温12°位でした。
帰路、天目山温泉に立ち寄り温まって帰りました。

その他、最近になってインスタに過去の山写真を投稿し始めました。
お暇な時にでも覗いて見てくださいませ!
@usagimaya_le
雷岩より
山頂にて記念撮影
感激し万歳!
Tamuさん (8i3jnben)2023/6/8 11:31削除
高尾山クリーンキャンペーンのお手伝い、ご苦労様でした。
 大菩薩嶺は、実際、何回登ってもいい山ですよね。
 初心者を案内して…、というのは冥利に尽きますね。あんなに素晴らしい「山」だもの、より多くの人たちに登山やハイキングの良さを知ってほしいですよね。ヒデ坊さん、相変わらず「いい仕事」をしていますね。(*^^)v

 ヒデ坊さんのインスタ(北アルプスダイヤモンドコース)を拝見しました。私はインスタは(も)まったく未知の世界でしたが、こんな風に利用できるのですね。今さらながらですが、文明の利器というか進歩というか、はスゴイと思いました。
返信

Copyright © 「私達の山旅日記」 掲示板, All Rights Reserved.