アイコン設定
投稿者さん使い方

掲示板の主旨に反する投稿は掲載されません。掲載の是非は管理者が判断いたします。予めご了承願います。
篠ちゃんさん (8njxroil)2024/4/12 21:26 (No.1135622)削除
Tamuさん 今晩は!昨日(4/11)浜名湖花博2024へ行ってきました。2014にも行ってきましたが今回は海外の方が多くて驚きました。
(4/10)は天守山地の長者ヶ岳・天子ヶ岳に行ってきました。コースは(休暇村P―長者ヶ岳―天子ヶ岳―林道―休暇村P)の周回コースです。
コースタイムは5.5Hでした。10年振りのコースです。富士山・南アルプスの展望と春の花も見られ楽しめました。
休暇村上より富士山・田貫湖
ピンクのアズマイチゲ?
長者ヶ岳より富士山・田貫湖
イチリンソウ
ヒツジさん
クマさん
チョウ
リス
Tamuさん (8i3jnben)2024/4/13 17:22削除
富士山を特等席で眺めながらの天守山地の登山。篠ちゃんの“地の利”も得ての日帰り登山。いいですねぇぇぇ~。春植物(スプリングエフェメラル)も、その見頃ですね。

「浜名湖花博2024」が開催されているのですね。動物の形に刈り込んだ植物の姿など、面白いですね。見に行ってみたいけれど、開催中に行けるかなぁぁぁ~。

今回もきれいな写真の数々、ありがとうございます。
返信
Tamuさん (8i3jnben)2024/4/11 17:07 (No.1134165)削除
快晴の昨日(4月10日)、夫婦で、久しぶりに高尾山を歩いてきました。

行程:高尾駅北口-《バス11分》-日影~日影沢林道~小仏城山670m~高尾山599m(5号路~4号路~1号路)~高尾山口駅・高尾山温泉(入浴)…

 平日でしたので、歩いていたのはジジ・ババが超多かったです。若い人は外国人ばかりでした。
 里のソメイヨシノも山中のヤマザクラもまだ花の見頃(十一分咲き)で、これはラッキーでした。
 もちろん、その他の春の花たちの競演も充分に楽しんできました。ムラサキケマン、ミヤマキケマン、咲き始めたニリンソウなどのスプリングエフェメラルはもちろんのこと、コチャルメルソウや各種のスミレ類、ヨゴレネコノメなども見頃を迎えています。フタバアオイやシロバナヤマルリソウの花も観察することができました。日影沢林道の上部に多いクサイチゴは咲き始めです。木の花では(ヤマザクラ以外では)アブラチャン、モミジイチゴ、ヤマブキなどが目立っていました。…この季節の裏高尾って、ほんとうに素晴らしいです。
タカオスミレ
コチャルメルソウ
フタバアオイ
ヤマザクラの咲く尾根道(城山~高尾山)
返信
ヒデ坊さん (8fnd4unz)2024/4/4 23:12 (No.1127863)削除
Tamuさん こんにちは!
六甲山や筑波山を楽しまれて何よりです。
六甲の山は、他のSNS投稿でよく見ますが良い山ですね。
また、青春18きっぷ旅の有効利用や有馬温泉・雨で予定変更の姫路城も楽しまれて良かったです。

このところの地震が気になりますね!
能登震災に続き、台湾の地震。この次が心配です!

一月半ぶりにお店の定休日4月2日(火)久しぶりの晴れということで、ここ最近の何時ものメンバーで筑波山へ出かけました。
自宅から圏央道で筑波山神社まで車移動で約2時間という速さで到着出来ました。
平日ですが、学校が春休みということもありとても賑わっていました。
筑波山神社へ参拝し、出発。
コースは筑波山神社入口~御幸ヶ原ルート~男体山山頂(自然研究路周回)~女体山山頂~白雲橋コース~筑波山神社と

さすがに信仰の山だけあって、沢山の変化に富んだ奇岩とパワースポット巡りも楽しめて良かったです。
キクザキイチゲやカタクリがたくさん見られて、環境に恵まれた良い山域でした。

帰りはつくば中央IC近くの日帰り温泉「つくば温泉 喜楽里別邸」へ寄り、温泉と美味しいお食事を楽しみました!
街中の広い一角に最新の設備と沢山の食事メニューでとても良かったです。ここは、登山以外の利用客が多かったです。
筑波山神社入口
筑波山神社
御幸ヶ原コース
御幸ヶ原
立身石の頂にて
ガマ石
女体山山頂
女体山山頂の岩
カタクリ
キクザキイチゲ
Tamuさん (8i3jnben)2024/4/5 11:41削除
圏央道で…、なるほど、ヒデ坊さんのご自宅から筑波山は案外と近いのですね。山(登山口)までの交通が片道2時間というのは、私にとっては(三浦半島方面を除いては)ほぼ最短です。そう云えば、拙宅から高尾山の入り口までも2時間はかかっていました。まぁ、片道2時間の交通で行ける、というのは本当にいいですよね。
「つくば温泉 喜楽里別邸」もよさそうで、脳裏に刻みました。立ち寄り湯の情報、ありがとうございます。
返信
Tamuさん (8i3jnben)2024/4/4 13:28 (No.1127432)削除
きょうの午前中の、近所の散歩で撮ってきたソメイヨシノの写真を3枚投稿します。八分咲き、といったところでした。
 お気づきだとは思いますが、花といっしょに葉が出ているという個体が今年はけっこうあります。遅咲きと何か関係があるのでしょうか。まるでヤマザクラのようです。…もっとも、ヤマザクラの若葉は赤っぽいですが…。
ソメイヨシノ-1
ソメイヨシノ-2
ソメイヨシノ-3
返信
都築山人さん (8hfljkam)2024/4/3 05:27 (No.1125987)削除
逗子の桜山古墳、森戸川林道、二子山、南郷公園のコースを歩き、記録をHPに載せました。

桜とカタクリを見るには少し早いと思ったので、逗子の桜山古墳、森戸川林道、二子山、南郷公園のコースを歩くことにしました。

桜山の住宅地を開発した時に、古代人の生活の跡が見つかったというのは高校生の頃に聞いたようで、いつか行こうと思っていました。現場の掲示板には1999年に前方後円墳が見つかったとありましたが、このニュースは覚えておらず、古墳の存在は、三浦アルプスを歩き始めた2008年にコース案内をみつけたHPで知りました。Tamuさんが古墳を見に行ったという書き込みを見て、今回、古墳を見てから三浦アルプスに咲く春の花を見ることにしました。

整備された第一古墳が山頂にあるのを見て、日本史の空白時代といわれる300年代の後半は、鉄器の使用による稲作で富と権力が集中し、逗子、葉山にも強大な首長が実在したのだろうと思いました。

森戸川の花は、ナガミヒナゲシ、ムスカリ、ハナニラ、オオイヌノフグリ、カラスノエンドウ、ヒメオドリコソウ、ホトケノザ、セントウソウ、ムラサキケマン、ヤマブキ、タチボスミレ、ニリンソウで、多くはありませんが、二子山の登りでヒメウズ、ネコノメソウ、ヨゴレネコノメをみつけました。ヒメウズは、南高尾では希少種とされている花です。三浦アルプスで一番花の多い場所は森戸川かと思っていましたが、三浦アルプスの広い山域の中には花が多い場所が他にあるかもしれないと思いました。

http://tdk.my.coocan.jp
Tamuさん (8i3jnben)2024/4/3 20:08削除
長柄桜山古墳群については、私も2年前に初めて見物しましたが、けっこうなシブさで、一見の価値はあると思い、山の仲間たちを誘ってその後再び訪れました。…実際、三浦アルプス及びその近辺は行くたびに新鮮で発見があり、いつも感動してしまいます。今も、もう足がうずうずしています。
 ヒメウズ…、小さな白い花で、地味な草本ですよね。私は三浦アでは今までに観察した記憶がなくて、都築山人さんは流石だなぁ、と感心します。
 サクラもようやく見頃で、春の草花が今は盛り、ですね。足も目もうずうずします。
返信
篠ちゃんさん (8njxroil)2024/3/28 20:54 (No.1121054)削除
Tamuさん 今晩は!「六甲山の山旅日記」拝読させて戴きました。都会にある茶褐色の岩山、魅力的ですね!
風吹岩、いい感じに撮れていますね! 佐知子さんの眼鏡のくだりに似たような事が時々あります。
有馬温泉への縦走が出来るんですね!車だとピストンか周回になってしまいます。
 私は昨日(3/27)金時山と明神ヶ岳へ行ってきました。コースは(仙石―矢倉沢峠―金時山―矢倉沢峠―明神ヶ岳ピストンー仙石)です。
毎朝、金時山のライブカメラを覗いています。富士山が素晴らしいです。
 外国人の登山者(特に女性)の多さに驚きました。スライド40人程で3割は外国人でした。
久し振りに筋肉痛です!御殿場で馬刺しを買ってビールのご褒美でした。
金時山頂上
山頂より富士山
愛鷹山
明神ヶ岳
芦ノ湖
金時山を振り返る
イヌツゲの変わった幹
Tamuさん (8i3jnben)2024/3/29 21:09削除
篠ちゃん、さっそく「六甲山」を読んでいただいてありがとうございます。ちょっと細かく書きすぎてポイントを外してしまったかな、と思っているのですが、まぁ、「私達の山旅日記」は私達の山旅日記ですから、自身のためには、なるべく詳しいほうがいいと思い、そうしました。(^^;)

 金時山~明神ヶ岳、写真写りの良い、絶妙なお天気でしたね。投稿していただいた写真はみんな素晴らしい出来栄えで、もちろん篠ちゃんのウデだとは思いますが、僭越ながら、流石だと思います。
 箱根に外人が多い…、ほんとうにそうですよね。日光も京都も浅草も外人だらけで、なんか、エキゾチックになっていますよね、本来は日本的な所、なんですが…。
 馬刺しでビール…、う~ん、よだれが出そう…。
返信
Tamuさん (8i3jnben)2024/3/14 22:35 (No.1107506)削除
3月10日(日)から13日の4日間、青春18きっぷを利用して兵庫県へ行ってきました。4日間とは云っても初日と最終日は移動のみの一日ですので、正味2日間の山旅です。六甲山登山(芦屋~六甲山最高峰931m~有馬温泉)は予定通りにできたのですが、第3日目(3/12)は雨で、予定していた虚空蔵山596m(丹波の名山です)は中止にして姫路城観光の一日となりました。行程は以下の通りです。

①3月10日(日)晴れ=東京都大田区の自宅発5:40…豊橋で途中下車して昼食…16:28芦屋・ホテル竹園芦屋

②3月11日(月)晴れのち曇り=芦屋~高座ノ滝~ロックガーデン~雨ヶ峠~六甲最高峰931m~一軒茶屋~有馬温泉・有馬御苑 【正味の歩行時間:約6時間20分】

③3月12日(火)雨のち曇り=有馬温泉駅…三ノ宮…姫路・姫路城見物…尼崎・ホテルヴィスキオ尼崎

④3月13日(水)晴れ=尼崎7:58…豊橋で途中下車して昼食…18:04横浜・ライオンで打ち上げ…

 第2日目(3/11)に“芦屋~ロックガーデン~六甲最高峰~有馬温泉”の六甲山横断コースを歩きました。「新日本百名山(岩崎元郎著)」の六甲山の項に名コースとして紹介されていたトレイルです。けっこう歩きでがあって、変化もあって、なるほど名コースだと思いました。なんといっても、下山地が「有馬温泉」なのが、もう、最高っス。(*^^)v
 第3日目は雨プロの姫路城でしたが、六甲山登山の翌日ということもあり、天守閣までの標高差にはけっこう参りました。とはいえ、世界文化遺産にも登録されている歴史のある美しいお城を、殆ど一日をかけてじっくりと観光できたことは、とても良い思い出になったと思います。

 青春18きっぷは面白くて経済的だけれど、やっぱりちょっと、疲れますねぇぇ~。(^^;)
雪を被った伊吹山(東海道本線も柏原駅と近江長岡駅の区間から撮影):第1日目
芦屋駅前のホテルから六甲山方面を望む:第2日目の早朝
ロックガーデンの岩場を登る:第2日目
風吹岩(ロックガーデン)にて:第2日目
横池:第2日目
六甲最高峰の山頂:第2日目
有馬温泉に下山(登山姿の私達は、なんか、場違いな感じ…):第2日目
姫路城の裏側も散歩:第3日目
篠ちゃんさん (8njxroil)2024/3/16 21:30削除
Tamuさん 今晩は!
「青春18キップ」って何か良い響きですね! 有馬温泉に宿泊なんて羨ましいです。
六甲山は三百名山の時に(芦屋~高座ノ滝~ロックガーデン~雨ヶ峠~六甲最高峰)を下山後有馬温泉「金の湯」に入ってきました。
 UPを楽しみにしています!
 私は(3/13)水ヶ塚から小天狗塚へ行ってきました。
前日の降雪で新雪15cm位、積雪40cm程でスノーシューで最高でした。
コースは(水ヶ塚―南山休憩舎―小天狗塚)ピストンです。南山休憩舎からはバリルートを直登しスノーシューの醍醐味を味わい、小天狗塚への急登も雪が締ってスノーシューで歩けました。富士山・駿河湾の展望は良かったです。帰りは往路を戻り秋に採ったヤマブシダケの残りをゲット出来ました。香りも良く美味でした。
新雪の樹林帯
小天狗塚、直下から双子山
小天狗塚直下より富士山
小天狗塚より富士山
Tamuさん (8i3jnben)2024/3/17 13:20削除
篠ちゃん、レスありがとうございます。
 新雪の上をスノーシューで闊歩する、しかも富士山の山腹で、なんて、確かに“最高!”ですよね。
 ヤマブシダケって、この季節でも採れるんですね。珍味・美味と聞きます。私は食べたことがないので興味津々です。うらやましぃ~。
 ただいま六甲山の山旅日記を書いているところですが、何かと雑用が多くて、捗っていません。近日中にはアップしたいと思っています。
Tamuさん (8i3jnben)2024/3/23 21:02削除
六甲山の山旅日記を(ようやく)アップすることができました。おヒマなときにでも覗いてみてください。

http://www1.u-netsurf.ne.jp/~tamu/473rokkousan.html
六甲山の風吹岩(ロックガーデン)にて:妻の撮影です
返信
Y
Yalkeysさん (8z6gd7fo)2024/3/19 12:11 (No.1111653)削除
高尾山トクトクBOOKでバッジをいただきました。降雪予報でピンバッジ交換が1週間延期され3/15からとなりました。例年と同様ですが、ケーブル始発(8:00)ですでに長蛇の列となっています。今年のピンバッジはコルリのデザインでした。始発の1本前に臨時便が出ましたが、私は当初の始発便でした。切り株飾りの辺りまで並んでいましたので、多くの方は徒歩で到着されたのだとおもいました。その後3号路で山頂まで行き、1号路で下山しました。
ケーブル山麓駅は始発前で長蛇の列
快晴の富士を満喫
高尾山トクトクBOOKと今年のピンバッジ
Tamuさん (8i3jnben)2024/3/21 09:19削除
“快晴の富士を満喫”の写真は印象派の絵画みたいで、ステキですね。どうやって撮ったんだろう、と興味津々です。
Y
Yalkeysさん (8z6gd7fo)2024/3/22 21:55削除
Tamuさん 単なるピンボケです(笑)。
Tamuさん (8i3jnben)2024/3/23 20:51削除
エ~、そうなんですね。芸術って、…紙一重ですね。(^^;)
返信
Tamuさん (8i3jnben)2024/3/21 09:40 (No.1113548)削除
昨日(お彼岸の中日)、家族で栃木県へお墓参りに行った帰りに…もう既に我家の年中行事になっていますが…三毳山「万葉自然公園かたくりの里」に立ち寄ってみました。
花の盛期は過ぎていた感じですが、まだ充分に楽しめました。
三毳山(みかもやま)のカタクリ
返信
都築山人さん (8hfljkam)2024/3/20 05:39 (No.1112459)削除
3月16日に、上野原の八重山、能岳を歩き、記録をHPに載せました。

3月10日に水泳大会に行ったとき、上溝の陸橋から丹沢の主脈にかなり雪がついているのを見て、八重山の展望台からならばどのように見えるかと思い、出かけました。

前の週まで気温が低い日が続いていたのに、数日前から気温が上がってしまい、八重山の展望台から見た山は、雪がついているのが辛うじて分かるくらいの春霞の濃さに邪魔されて富士の白さもぼんやり見える状態でした。

望遠レンズで撮った写真は、富士山と大室山は何とか撮れましたが、蛭と檜洞はぼけていました。

山中の花もカワヅザクラだけで、若葉も萌えだしたばかり、シュンラン、カタクリも咲いていませんでしたが、里道には、ノジスミレ、ムスカリ、オオイヌノフグリ、ハナダイコン、ヒメオドリコソウ、ホトケノザなどが咲き始めていました。

http://tdk.my.coocan.jp
Tamuさん (8i3jnben)2024/3/21 09:25削除
上野原には眺望に優れた低山が多いですね。能岳~八重山もその典型で、丹沢や道志や中央沿線の山々などのパノラマ展望が楽しめますよね。
 春霞のためにこの季節は案外とすっきりとしないことが多いですが、それでもけっこうな展望を楽しむことができたご様子。祝着に思います。
 暑さ寒さも彼岸まで、といいますが、まだまだ寒い日もありそうです。くれぐれもお身体ご自愛ください。
返信
Y
Yalkeysさん (8z6gd7fo)2024/3/19 12:38 (No.1111676)削除
3/16「ゆる登山」の中間と仙元山へ行きました。JR逗子駅集合⇒バス風早橋バス停⇒仙元山山頂⇒花の木公園⇒旧役場前
ここからA班は玉蔵院⇒森山神社⇒一色公園⇒真名瀬バス停(合流)
    B班は大峰山山頂⇒真名瀬バス停(合流)
というコースでした。私はA班でしたので、山と海岸を楽しみました。昔のCMなら「一粒で二度美味しい」。
仙元山にて全員集合写真
仙元山からの下り
木の根道や階段が続きました
一色海岸の陽光
Tamuさん (8i3jnben)2024/3/21 09:03削除
三浦アルプスと、例えば一色公園や大峰山などを併せて歩くと、変化のある多様なコースが楽しめそうですね。ツツジの季節には花の木公園などに立ち寄るのもよさそう。
 高尾山といい、Yalkeysさんの投稿を拝見していると、足がうずうずしてきます。
返信
Tamuさん (8i3jnben)2024/3/19 11:20 (No.1111632)削除
昨日(3/18)、つくばエクスプレスの「筑波山あるキップ」を利用して、山の仲間たちと筑波山へ行ってきました。

行程=つくばエクスプレス・つくば駅-《シャトルバス50分》-つつじヶ丘~(弁慶七戻石等の奇岩めぐり)~女体山877m~御幸ヶ原~男体山871m~男女川源流~筑波山神社~つくばの湯(入浴)-〈無料送迎バス〉-筑波山神社入口-《バス40分》-つくば駅…
【歩行時間:正味4時間】

 「アレッ?」と思ったのは、女体山山頂部の変容です。2か月前(1月29日)に下見で登ったときはかなり厳重な柵がしてあったのですが、その一部が取り払われていて、岩上に立つことが再び可能な状態になっていました。ちょっとスリルの女体山山頂が戻ってきた、といういい方もできるかもしれません。
 今回は、上りで体のエネルギーを使い果たしてしまったメンバーの一部はケーブルカーで筑波山神社まで下りました。「つくばの湯」で合流しましたが、やっぱり文明の利器はすごいですね。ケーブルカー組はとっくに下山していて、二度目の入浴を楽しんでいた人もいました。
 つくば駅前の海鮮料理屋で打ち上げて、和気藹々と帰路に就きました。お天気にも恵まれた、楽しくて愉快な一日でした。
女体山山頂の岩上にて
返信

Copyright © 「私達の山旅日記」 掲示板, All Rights Reserved.