アイコン設定
投稿者さん使い方

掲示板の主旨に反する投稿は掲載されません。掲載の是非は管理者が判断いたします。予めご了承願います。
s
ssさん (8f8rlzxk)2023/9/22 13:57 (No.912661)削除
Tamuさんこんにちは。 
テレビで、2014年9月末に御嶽山、急に噴火して噴石やガスによる多大な被害を出したのをドキュメンタリーで放映されました。私其の時クラアチア・プリトビッツエに旅行中で、テレビで観ました。でも詳細は分かりませんでした。10日程して帰国しましたが、もうその頃はテレビでのワイドシヨウ等での放映が無く詳細不明のままでした。
20日の放送で、被害の詳細が分かり衝撃で本当に涙なしでは見られない、自分にも何時災難があるのか?考えさせられました。
ある山の保険に入っておりましたが、最近ココヘリの仲間になり?今は目視では探せない電波が発信する小さな発信機が送られてきました。(グレードアツプ希望により)未だ2回しか持参しておりませんが、これってこの様な不測の事態にも有効であると思いました。
3か月試して返す事も出来ますが、利用を続けようと思います。個人の番号が付けられておりその番号で誰だかわかりますので、事務局に登山届を出したり、家族に山行計画を分かる場所に張り付けたりとか。それは何時もしている事ですが。
Tamuさん (8i3jnben)2023/9/22 21:27削除
私はそのとき(平成26年(20014年)9月27日)、安達太良山にいました。そのときの山行がもしも御嶽山だったなら、と、何回も考えました。
 「ココヘリ」は、遭難者をいち早く発見するための会員制捜索ヘリサービスとのことで、確かに、一考の余地はありますね。安心登山のためにも、私も(加入を)検討してみようと思います。
 ssさん、今回も貴重な情報をありがとうございます。
返信
ヒデ坊さん (8fnd4unz)2023/9/22 13:37 (No.912638)削除
【木曽駒ケ岳千畳敷~檜尾岳~檜尾登山口】写真追加
2日目の檜尾尾根下山路の様子です。
小檜尾岳
檜尾尾根を下る
小檜尾岳と檜尾岳
檜尾尾根から濁沢大峰稜線が浮かぶ上がった
赤沢ノ頭付近より木曽殿越と空木岳方面が見えた!
ダケカンバの大瘤
Tamuさん (8i3jnben)2023/9/22 21:05削除
お天気に恵まれなかったみたいで、少し残念でしたね。
 千畳敷~木曽駒~宝剣~檜尾~空木岳、の中央アルプスの代表的な縦走コースを、私は2回ほど歩いていますが、何れもお天気にはそこそこ恵まれました。なので、ヒデ坊さんが少し可哀そうに思えました。けっこうな(面白い)コースで、ちょっときついけれど、花崗岩の山稜と北アや南アなどの大展望を堪能できる、素晴らしいコースだったと記憶しています。是非、捲土重来、頑張ってください。
 ヒデ坊さんの投稿を読んで、檜尾尾根は、もしもの際のエスケープルートとしても使えそうかも、と思いました。とても参考になります。
 雨でも風でも、いい山はいいですよね、実際。(*^^)v
返信
ヒデ坊さん (8fnd4unz)2023/9/22 13:29 (No.912631)削除
【木曽駒ケ岳千畳敷~檜尾岳~檜尾登山口】
Tamuさん こんにちは!
19日~20日に千畳敷~檜尾岳~檜尾登山口を歩いてきました。
1ヶ月以上前から旧職場の同僚と山行きを計画し、昨年パスした笠ヶ岳登山を秋雨前線の影響から雨の影響を避けて急遽行先変更しました。
当初計画(2泊3日)のゆるゆるプランは、千畳敷駅~乗越浄土~宝剣岳~檜尾岳(檜尾小屋泊)~木曽殿越~空木岳~〈南駒ヶ岳ピストン〉(駒峰ヒュッテ泊)~駒石~マセナギ~林道終点~こまくさの湯
19日早朝の天気は曇でしたが、ロープウエイで千畳敷駅に到着すると、ガスガスの状況で霧雨が降っていました。
宝剣岳もガスに覆われ、何も見えないためルート変更し、極楽平へ直接迂回する。尾根に出ると西風が強く吹いていました。
島田娘から濁沢大峰へ、その先は花崗岩の切り立った狭い稜線や奇岩が続きます。昼過ぎに檜尾岳に到着。空木岳方面は、相変わらず雲に覆われガスガス状態でした。
晴れていれば東側に檜尾小屋が見える筈ですが、見えません。
南に下った低地箇所に整備されたテント場がありました。その先を緩やかに登った所に避難小屋がありました。
檜尾小屋は、昨年から新たに増築新装されて避難小屋から管理人常駐の小屋として、運営しています。
テント場もきれいに整備され20張分とテント場用トイレも設置されました。
小屋泊は平日6500円~土曜7000円、テント2000円、缶ビールや水・ジュース類、つまみ、カップラーメン等販売。
小屋前の広場からは、駒ヶ根市街地方面だけ晴れて街並みが見えました。空木岳方面は木曽側からの雲に覆われて、相変わらず見えません。平日ということもあり、宿泊客は6名でテント泊3名でした。
翌日は、天候が良ければ5時出発でしたが濃霧と風が強く、少し遅れて出発しました。先に出発した方が、強風で戻ってきて、風の影響のない檜尾尾根を下るか千畳敷駅へ向かうか話していました。
取り合えず檜尾岳の稜線へ出ると西側からの風が昨日より強く吹いていました。大滝山方面に下っていくと、更に風に強くなり狭い稜線は風をよける所が殆ど無く、岩にしがみつくように歩いて行きます。連れのザックカバーが風で大きく膨れてきたため声を掛けるが、アッという間に吹き飛んでしまいました。
風が弱まる気配が無く、身体がふらつき危険と判断し、引き返すことにします。
檜尾岳山頂は風当たりが少なく、空が明るくなってきたので30分程様子を見ていました。時折、三ノ沢岳方面の稜線が浮かび上がり、ガスが切れていくような気配がありましたが、風は相変わらずのようでしたので風の影響のない檜尾尾根を下ることにしました。
小檜尾岳へ向かうと駒ヶ根市街地が明るくなって見えるようになりました。シャクナゲピークまで向かうとロープウエイと千畳敷駅が見えてきました。
赤沢ノ頭を過ぎると登山路がふかふかの緩いジグザク道に変わり歩きやすくなりました。
檜尾登山口の階段を下ると道路に出ます。下流に向かった檜尾橋バス停がすぐ近くにあり10分待ちで菅の台バスセンター行きが来ました。
こまくさの湯で汗を流し、夕食を食べ1日早く帰宅しました。
2018年に木曽駒ヶ岳~空木岳登山は、天候は最高でしたが秋の混雑シーズンで大渋滞のため、千畳敷駅到着が3時間遅れたため、空木岳を断念しました。今回の登山は、秋雨前線の影響で残念ながら、途中撤退することになりました。
次回は、天候の良い日に合わせ行きたいと思います。
千畳敷駅より
濁沢大峰
濁沢大峰から先の奇岩
檜尾岳
檜尾小屋(南側より)
新装の檜尾小屋
檜尾小屋内部①
檜尾小屋内部②
檜尾小屋前から駒ヶ根市街を望む
返信
s
ssさん (8f8rlzxk)2023/9/19 06:50 (No.909435)削除
Tamuさんおはようございます。
16日から17日に杓子山に行きました。
1日目富士五湖は雲が多いい物の良い御天気で、富士山駅からタクシーで不動の湯迄行きます。ここから車の入れない林道ですが樹林の中有難いです。1時間程でそれも終わり、40分ほどで杓子山頂に着きます。この辺りで標高の高い山と言う事で(1597・富士山は、時々山頂部分が見えました)下山は明見尾根を下ります。急降下でトラロープがあり、安全でそれに全て樹林の中でカンカン照りでなく、登山口の不動の湯に左周りで戻れました。ここから1時間以上も歩かないとバス停はありません、しかも酷な事に1日に3本程度なので利用不可能なので、タクシーで、素泊まりの宿へと早めに入ります。夕飯は魚河岸鮨に行き4人で握り寿司を頂きました。5月に来た時より物価高でマグロも少し小さくなり残念です。
それでも、安価だと思いましたが。
2日目は富士山駅でザックをコインロッカーに入れて、涼を求めて寿の駅から「富士吉田白糸の滝」へと向かいます。途中から樹林の中で幾分涼しく?でも登りですから暑いです。最後は急登でしたが、こじんまりした「白糸の滝」を観れました。富士宮にある「白糸の滝は」水しぶきがあり、涼しくなるので、機会があったら行きましょうと。(長者が岳、天子が岳)お昼には富士山駅に戻り、昼食です。ところが4人の食べたいのは蕎麦ですが、この地域吉田うどんなので、駅の近くにはありません。おまけに何処も混んでいて、仕方がないので、駅ビルで海鮮丼を買い、フードコートのテーブルでお昼を済ませました。
何よりも雨に降られない1泊2日で4人の気楽な山旅楽しかったです。
杓子山頂
明見尾根展望台から富士山
Tamuさん (8i3jnben)2023/9/20 09:15削除
“1泊2日で4人の気楽な山旅…”いいですねぇぇぇ~。無理をしない登山。それが何よりだと思います。富士山も少しは見えたようで、それも(ぎりぎり?)よかったですね。杓子山からは(富士山は)南西の方向に位置しているので、日中はどうしても逆光になってしまい、写真写りがイマイチになってしまいます。早朝とかに山頂に立てるといいのかもしれませんが…、それはなかなか…。
 富士宮にある「白糸の滝」、私は(多分)訪れていないと思います。今度機会があったら是非立ち寄りたいと思いました。
返信
篠ちゃんさん (8njxroil)2023/9/12 19:58 (No.903591)削除
Tamuさん こんばんは!
入笠山のこの時期は花の種類も豊富で楽しめますね! スズランの時季と積雪期しか入ってないので行ってみようと思います!
 日向山の天空のビーチは甲斐駒や鳳凰山、八ヶ岳の展望が良い所ですよね。鞍掛山と甲斐駒(八丁尾根)の時歩きました。
私は二ヶ月振りに山歩きしてきました。
「らんまん」のサブタイトルの花名に「ジョウロウホトトギス」が登場したので花を愛でに金山沢経由で毛無山へ行ってきました。
沢が荒れてしまい以前入った場所が判らず適当に探して何とか見つけました。中々良い花です!
 地蔵峠からが長く感じ、やっと毛無山に到着しました。残念ながら富士山は隠れていました。
不動の滝経由で下山、膝がガクガクでした。4年振り23回目の登頂でした。
金山沢のスルガジョウロウホトトギス
トリカブト
不動ノ滝
2016年の画像
Tamuさん (8i3jnben)2023/9/13 17:49削除
天守山地の盟主・毛無山。特に金山沢コースは変化があってとても面白かったのを思い出しました。とはいえ、今となってはそう簡単には沢道を、しかも標高差約1100mをひょいっと登ったり下ったりすることは、悲しいかな腰と膝と平衡感覚などの不調により…常日頃の鍛錬不足もありますが…私の場合…かなり難しいのが真実です。(^^;)

 「おまんは 誰じゃ?」の(スルガ)ジョウロウホトトギス…。ちょっと調べたら、絶滅危惧ⅠB類(EN)なんですね。何とも云えず高貴な感じの花で、写真に思わず見入ってしまいます。沢筋の岩場などにこんなのがひっそりと咲いていたら、そりゃもう感動ですよね。私は見たことがないので、とても興味津々です。

 それにしても“23回目の登頂”とは恐れ入ります。篠ちゃんの「庭」のひとつ、ですかね。
返信
ヒデ坊さん (8fnd4unz)2023/8/30 23:05 (No.890202)削除
Tamuさん
こんばんは!
入笠山と日向山へ行かれたのですね!入笠湿原のハイカーも多いようですね。
そこそこ、雲やガスが立ち込めていましたね!
昨日29日に、久しぶりに金峰山へ大弛峠からピストンしてきました。
駐車場に平日の8時30分に到着しましたが、もう満車で奥の林道スペースに駐車しました!
気温は、16℃と思っていた以上に涼しいです!
山の上は、もう秋めいていますね!
懐かしい登山道も、良い具合に苔むし、倒木の根に素晴らしい苔アートでした!
縞枯れ状になっていた所も、芽吹いたシラビソがかなり育って、豊かな植生が自然復元している様を見て、安心しました!
車の多かった割には、山頂周辺は人は少ないようでした!
雲が多めで、富士山は半分位しか姿を見せませんでした!
Tamuさん (8i3jnben)2023/8/31 14:11削除
金峰山や北奥千丈岳などの登山基地として、大弛峠は相変わらずの超人気のようですね。平日だというのに満車状態とは…。いい処ですから、人気が高いのは仕方のないことかもしれませんが…。
五丈石も瑞牆山もくっきりと写っていて、おまけに富士山も(半分とはいえ)見えていて…、お天気にも恵まれたようですね。29日は私達夫婦が(中央道を挟んで金峰山の西に位置する)日向山を歩いていた日ですが、やっぱり常日頃の行いの違いですかね。日向山の山頂はガスっていました。(^^;)
返信
ルモンさん (8oryv90p)2023/8/28 00:40 (No.887382)削除
tamuさん こんばんは。 21日~24日まで新穂高から西鎌尾根を歩き槍ヶ岳へ行ってきました。今まで東鎌尾根、南岳(天狗池分岐)からと2度登頂しているので今回3度目になります。結果的にはお天気に恵まれ素晴らしい山旅が出来ました。21日は新穂高をお昼すぎに出発わさび平小屋まで。今思えばこの日が一番きつかった気がします。台風7号のため1週間延ばしたおかげで山友のIさんとコースも日程も一緒になりここで合流しました。屋外ベンチで寛いでいるとあっという間に豪雨に。22日も朝からいい天気で高度を上げる都度に、槍・穂、から乗鞍まで見渡せます。鏡平池でもばっちり。でもこの時期ですから稜線からのお花畑は9割終わっていてアキノキリンソウやトリカブトやリンドウなど初秋の花が咲いていました。双六小屋には3時過ぎの到着。9年前は三俣山荘まで歩いたのが信じられないくらいです。23日はいよいよ未知の西鎌尾根へ。予報では午後から雨との事で心配でしたが、心配した岩場もなんなく通過でき雲はかかっているものの十分景色も、残りの高山植物も堪能しました。最後の登りにかかり山荘30分前ぐらいから霧雨になり雨具の上だけ着ましたが無事一時半ごろ着きました。午後はやはり雨になりました。24日はいよいよ頂上へ、天気が悪ければ穂先は諦めようと3人で話していたのが、なんと晴天に!列に並んであっけなく槍の穂先へ。360度ではなくも雲海の上に鹿島槍、立山、白馬まで見え大キレットや常念も。そして幸運なことに最後の鉄梯子を登り切ったときに丁度ご来光を迎え、下りの順番待ちの時にブロッケンが現れました。もう登ることはないであろうと至福の時を過ごしました。山荘でコーヒーを飲んでから飛騨沢からの急降下が待っています。槍平小屋から白出沢出合までは傾斜は緩いのにかなり時間がかかりこの日の宿「深山荘」に着いたのは5時近くでした。Iさんもこの宿を予約していたので温泉で汗を流し、ビールで無事歩き終えたことに乾杯しました。
鏡池から槍穂
頂上のご来光
槍の肩より
槍の下り
ブロッケン
山頂
シシウドと西鎌尾根
Tamuさん (8i3jnben)2023/8/30 10:22削除
ルモンさんの今夏は槍ヶ岳、だったのですね。すごいなぁ。もしかしたら私ももう一度くらいは登れるかなぁ、と勇気をもらいました。お天気にも恵まれて、槍ヶ岳の山頂ではブロッケンのおまけまでついて、もう最高な4泊5日の山旅でしたね。これがあるから山はやめられませんよね。(*^^)v
ルモンさん (8oryv90p)2023/8/30 23:27削除
今回は多分最後の縦走登山になるだろう~との気持ちで歩いていました。周りにもそう言っています。tamuさんと同じ団塊の世代ですから毎年、体力の衰えを感じずにはいられません。これからは麓の温泉メインや頂上直下の山小屋泊の半日コースとかの無理のない山歩きを続けられたらと思います。頻繁にある北アルプスの遭難事故のニュースに接するたびに他人事とは思えなくなってきました。下山で疲労のため救助要請…なんかもありましたからね?
Tamuさん (8i3jnben)2023/8/31 14:08削除
そうですね。安全第一に、無理のない登山を、歩ける限り、続けたいですね。団塊の世代、お互い、がんばりましょう!
今後とも、幾久しく、よろしくお願いいたします。(^^ゞ
返信
Tamuさん (8i3jnben)2023/8/30 11:36 (No.889600)削除
8月28日~29日の二日間、何時ものメンバー(夫婦)で、マイカー利用で、中央自動車道の甲信国境付近をぶらぶらしてきました。
 第1日目は入笠山1955m登山(ゴンドラ利用で入笠山~大阿原湿原を周回)で、第2日目は日向山1660m登山(矢立石駐車場からピストン)です。いずれも人気の(ポピュラーな)山で、前々から気になっていた山です。雨には降られなかったのですが、二日間とも天気はイマイチで、アルプスたちの山岳風景は雲やガスに隠れていました。とはいえ、猛暑の下界よりはずっといい、素敵な二日間でした。
 利用した宿は八ヶ岳山麓の温泉ペンション「ロッジ・アトリエ」で、源泉掛け流しの温泉もフランス料理もとてもよかったです。おまけに比較的にリーズナブルな料金で、超お勧めです。
入笠湿原のワレモコウとアキノキリンソウ
入笠山の山頂
大阿原湿原
大阿原湿原の苔の森
日向山の天空のビーチ①
日向山の天空のビーチ②
返信
s
ssさん (8f8rlzxk)2023/8/28 22:12 (No.888244)削除
Tamuさんこんばんは。
塩山から北方向へ、大弛峠は金峰山の登山口で有名ですが、それより南に小楢山は標高1712Mの山です。
峠は焼山峠1500M以上もありますので、涼しさを求めてここから小楢山に登ります。塩山から3人でタクシー利用です。
焼山峠に着いた時は9時ごろなのに、既にマか。
タクシーを降りると涼しくてビツクリしました。ここでアクシデントがありました友人がトイレにスマホを落としてしまいました、普通のトイレではないのであきらめざるを得ません。残念ですが。
ともかく焼山峠から樹林の中、小さなアツプダウンを繰り返して、地図には2時間と書いてありましたが目の前が開けたと思ったら1時間と少しで小楢山頂に着きました。目の前には雲が多いい物の、360度パノラマ、真夏の積乱雲が多く富士山や、南アルプスは見られませんが、御坂山塊の山なみが連なり本当に綺麗で山座同定もできるくらいです。登りでは汗をかいたのに今では寒いぐらいです。未だ10時半過ぎですが、ここから中牧丘方向に下ります。小楢峠から母恋し道です。今年は雨が多く登山道は草いきれも多く、苔があり歩きにくいですが、それも1時間ほどで、ここからは以前は車の入れたであろう、荒れた舗装道路を下ります。獣避けの大きな金網の柵があり、ここからは明るくなり以前は泊まれたカフェ(今は廃業)に着きました。休憩をとり、目の前からは富士山が幾らか見えました。ここからもタクシー利用で塩山駅へ、駅前で今朝取れた大きなブドウをお土産に雨に降られないで涼しい小楢山を楽しみました。

友人のスマホはもう回収が出来ないで、結果今日携帯電話を買いなおして、開通しました。驚いたのは何処の会社か分かりませんが、速すぎました。友人曰く最近カメラで撮らないので、北海道利尻やは白馬等の画像が無くなり少し残念と話されておりました。
小楢山山頂
小楢山から富士山
Tamuさん (8i3jnben)2023/8/30 10:45削除
奥秩父前衛の小楢山については、随分前(2001年7月)に焼山峠から周回した思い出があります。当時の拙山旅日記には“変化に富んだ清々しいコース”という感想が書いてありますが、それを何となく思い出しました。美しい森と小草原のさわやかコース…。ssさんのご報告を読んで、もう一度歩いてみたくなりました。
 それにしてもご友人のトイレへスマホをドボンは、可哀そうでしたね。ご愁傷さまです。
返信
ヒデ坊さん (8fnd4unz)2023/8/27 23:32 (No.887353)削除
【火打山・妙高山二泊三日の山旅】雨飾山荘番外編
Tamuさん
こんばんは!

ダートの林道で峠を越えた先にある雨飾荘に一時間ほどで到着しましたが、なんと定休日でした。????
再度、電話で問い合わせたところ、雨飾山荘ですというこえを聞き、うっかり間違えたことに気付きました。
雨飾山の北側登山口の山荘です。Tamuさんご夫妻も泊まった山荘でした!
一瞬、参ったなぁ~と思いながら、これからそちらに向かうとどの位の時間がかかるかなぁ~と言うと、たぶん一時間ちょっと位ですかね~とのあと、お待ちしていますよ!と親切な言葉を受けて、大糸線沿い国道を大きく回り根知川沿い入り口から雨飾山荘まで約40km、1時間15分位で18時30分到着!
山荘前の広場から赤みを帯びた鬼ヶ面山~鋸岳に思わず見とれて、山荘に入りました。
旅館ではないので、女将?ではないが、50歳位のとても良い感じの方が出てきて、間違ってしまったお陰で、こちらの山荘を利用いただき有難うございます!とお風呂を先に入りますか?
食事は19時~にして頂き、さっそく内風呂へ入る!ゆっくり入っていられない熱い湯で、43~44°位に感じました。
食堂に入るとかなり広い部屋で、食堂部分を以前に増設したとの事でした。
常連客らしい70歳位の女性が一人ポツンと居たので、ご挨拶をして食事をしながら一時間程、色々な話をしました。料理もとても美味しかったです。
雨飾山を含め、近隣の山々も歩かれているようでした。
翌日、天候が良ければ、雨飾山へ登っても良いと思いましたが、昼前頃から雷雨になる予報でしたので、今回はパスし、翌朝の食事を7時からとお願いしました。
平日ということもあり、宿泊者は5名ほどのようでした。
六畳一部屋にゆったり、登山の疲れから消灯時間の9時には寝ていました。
夜明け前の4時頃から物音がしていましたが、6時迄寝ることにしました。
朝の気持ち良い中を露天風呂「都忘れの湯」へ入り、温泉旅館に来た気分でのんびりと湯に浸かりました。昨夜程、熱く感じませんでした!
雨飾山の山頂まで見えませんでしたが、南からガスが湧き出し雲に覆われていました。
7時からの食事を美味しく戴き、食後にコーヒーを飲もうとお湯を頼み、ドリップした旨いコーヒーを飲み、ゆっくり寛ぎました。
コーヒー豆がたくさん余ったので、女将?にお店で使っているコーヒーですがよろしかったら、どうぞとベルギークッキーと一緒におすそ分けしました。
大変喜んで戴けたので、良かったです!
早くも、下山してきた方がいて山頂は、ガスっていて何も見えない状態なので、降りてきたという話を聞いて、登らなくて良かったと言い訳のように思ってしまう私でした。
お世話になりましたと挨拶し、秋の紅葉の時期に是非お越しくださいと返事を戴きました。とても良い山荘でした。「私たちの山旅日記」のTamuさんの事もお話させて戴きました。
因みに料金は、一泊2食で10,500円でした。
帰路途中、安曇野で蕎麦を堪能して帰宅しました。
雨飾山荘
雨飾山荘
露天風呂「都忘れの湯」
露天風呂「都忘れの湯」
鋸岳~鬼ヶ面山
Tamuさん (8i3jnben)2023/8/30 09:52削除
雨飾荘と雨飾山荘。確かに間違えやすい感じですよね。でも結果オーライだったようで、山里の静かな温泉宿(温泉付きの山小屋?山小屋風の温泉宿?)でほんわかとした一宿を過ごせて、よかったですね。
雨飾山荘は私にとってもとても懐かしい…もう26年も昔の秋ですが…思い出の宿です。宿前の広場から眺めた鬼ヶ面山~鋸岳の様子を、ヒデ坊さんの写真で、まざまざと思い出しました。
返信
ヒデ坊さん (8fnd4unz)2023/8/26 22:04 (No.886299)削除
【火打山・妙高山二泊三日の山旅】妙高山

Tamuさん
こんばんは!
黒沢池ヒュッテは、7名の宿泊者がいました。
ドーム状の建物の2・3階に寝室で、2階の広くて涼しい部屋は1名で何故か残り全員が3階の熱い部屋で、皆さんも何故3階なのか不思議がっていました。
夕食は、数種のおかずにご飯と味噌汁に何故かコーンポタージュスープでした!
コーンポタージュスープは、朝食だよねと皆さん話しています。
朝食はクレープ食べ放題でジャムと金時豆の甘煮を付けて食べます。甘いので3枚が限界かなと、塩味も少し欲しいしコーンポタージュスープが無いのはやはり、おかしいと感じてしまった。薄めのコーヒーは飲み放題でした。
黒沢池ヒュッテを5時50分に出発。
大倉乗越に6時10分に到着。妙高山がそそり立っている。ここから、崖地にロープが垂れ下がった斜面にびっくりしながら、下っていくと長助池分岐点へ斜面をトラバースしていく。長助池分岐点で一休みする。ここから、一気に急登になり淡々と登っていく。山頂直下付近の樹林はとても奇麗でした。
山頂の大きな岩の下部に祠がありました。
山頂の北峰と南峰(妙高大神)で記念写真を撮ります。ガス湧いてきて視界は良くありませんでした。
30分ほど山頂でゆっくりした後、黒沢池ヒュッテに11時20分頃戻り12時半くらいまでパンとカップラーメンで昼食をとりました。
下山は、黒沢池を周り笹ヶ峰へ戻りました。
明日は、雷雨が多くなりそうな予報が出ていましたが、以前に宿泊した雨飾荘にネット確認しTELし、予約が出来たと安心して杉野沢林道〜妙高小谷林道のダート道を1時間走り、宿に向かいます。
①黒沢池ヒュッテ
②大倉乗越
③妙高山
④長助池
⑤妙高山山頂直下の樹林
⑥祠
⑦妙高山北峰
⑧妙高山北峰にて
⑨妙高山南峰妙高大神
⑩黒沢池
Tamuさん (8i3jnben)2023/8/27 16:40削除
ヒデ坊さん、お元気そうで何よりです。
 火打~妙高は私にとっても思い出に残る、素敵なトレイルでした。ただし、高谷ヒュッテでビールを飲み過ぎて、その日(登山初日)に予定していた火打山登山を翌日に延期したおかげで、高谷ヒュッテから火打~妙高~燕温泉と一日で歩くことになり、大変疲れた思い出があります。まぁ50歳代前半の頃で、やる気も心肺機能も今よりは大分レベルが高かったですが…。(^^;)

 火打山登山では、今は、入域料を徴収されるのですね。いまどきですから、それは仕方のないことで、もしかしてとても良いやり方なのかもしれません。…時代は徐々に変わりますね、やっぱし…。
 “夕食は、数種のおかずにご飯と味噌汁に何故かコーンポタージュスープでした!”の件を読んで思わず笑ってしまいました。…私の場合、コーンポタージュは大好物なので、いつ出てきても美味しく頂けますが…。黒沢池ヒュッテ…、あの青いドーム状の屋根も相変わらずのようで、なんかユニークで面白そうな山小屋ですね。

 “⑤妙高山山頂直下の樹林”…多分ダケカンバの純林だと思いますが、とてもいい感じですね。私はこういう所を歩くのが大好きです。

 ところで、この後、雨飾山に登ったのでしょうか。もしそうだとしたら、篠ちゃんなみの(神がかり的な)ヤル気と体力ですね。(^^ゞ
返信
ヒデ坊さん (8fnd4unz)2023/8/26 13:07 (No.885780)削除
【火打山・妙高山二泊三日の山旅】
Tamuさん こんにちは!
8月22日~24日に久しぶりの登山で、当初予定していた中央アルプスの宝剣岳~空木岳は低気圧の影響で行先を急遽変更し、比較的天候が安定している新潟県西部の火打山・妙高山と三日目に体力が残っていれば雨飾山へと期待し、出掛けました。

夜中に車で出発し、笹ヶ峰の登山口駐車場に5時頃到着。支度をして歩き始めたのは5時40分頃。黒沢橋の手前まではブナ林・カエデ類の木々が美しく、登山道も木道で整備されています。高谷ヒュッテには9:30頃到着し、ヒュッテの方と話をした。この夏の水不足がひどいため、平日のこの状況で客は少ないのに予約制限している状況との事。予約できなかった理由が分かりました。
のんびりと火打山へ向かいます。高谷池~天狗の庭はもう少し時期が早ければお花が満開と思われました。雷鳥平付近で下山してきた若い女性が、ハイマツのある付近で熊が居るそうだと情報を話してくれました。確かにハイマツの奥でガサガサしている音は聞こえましたが、熊の姿は見えませんでした。最後の急坂を上りきると広い山頂に到着!6名位の人がいました。
高妻山~戸隠山、黒姫山は見渡せましたが、妙高山は雲に覆われやすく時折、山頂が見える状況でした。高谷ヒュッテに戻り、休憩しましたが我慢できずに缶ビールを飲んでしまいました。黒沢池ヒュッテに向かう道程が、熱さとビールの余韻のせいでかったるかったです。
黒沢池ヒュッテから妙高山の報告は、次回のお楽しみ!
①火打山登山口
②入域料500円
③ブナ・カエデ林
④黒沢
⑤高谷池
⑥天狗の庭
⑦天狗の庭と火打山
⑧火打山山頂
⑨火打山より妙高山を望む
返信

Copyright © 「私達の山旅日記」 掲示板, All Rights Reserved.